週刊石油展望

《展望》
ドル資金供給拡大策によるドル安や中国の金融緩和などが支援要因となり原油を押し上げているが、この水準を維持できるかが焦点になるかと思われる。前述の要因に加え、イランにおける地政学的リスクの高まりも下支えしているが依然として欧州不安が払拭できないため方向感の出にくい展開になるかもしれない。目先は2日の雇用統計に注目が集まるが、WTI原油は100ドルを維持できれば直近高値の103.37ドル(11/17)を試す可能性があり、ブレント原油は110ドルを挟んだ展開かと思われる。 

NY原油チャート

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事