週刊石油展望

≪展望≫ FOMCを控え週半ばまで為替を中心に思惑が交錯しそうである。原油価格自体は地勢学リスクのおかげで高水準と言わざるを得ず、FOMCで緩和継続が示されたとしても上昇に対する影響は限定されるか。テクニカルの悪化や地政学を意識させる続報の乏しさから利食い売りが誘発される可能性のほうが高そうである。月半ばとなり、10月限の納会も近づきつつあり、ガソリンが下がるようなら現物比較で割安感が出てこよう。クラックスプレッドも縮小して推移しており素直に買い下がりたい。

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事