^
ページTOPへ

第36回、一目均衡表その7、「一目均衡表最大の売買シグナル、均衡表の好転・逆転とは?前編」

図

□これだけのトレンドがあれば均衡表の好転で買い、逆転で売って、しっかりと取れる。

■ですね。

□今度は次第にトレンドが小さくなっていく。

図

■次第に取れなくなっていきますね。

□ムサシ君、取れるトレンドと取れないトレンドでは、線の動きがどう違ってくるかを見極めるのだ。

■なるほど。転換線が価格と一緒に上げ下げするのは、そんなに変化が感じられませんね。基準線の動きが次第にギクシャクしてるような気がします。

□ギクシャクか。いいところに目をつけたぞ。もっと拡大してみよう。

図

□もみあい期には均衡表の好転・逆転は通用しないと言っても、では、今がもみあい期だとどうやったらわかるのかという別のテーマがある。すでにもみ合い状態で、その中での好転・逆転であれば騙しとかわかるが、今からもみあい期入りといった状況ではなかなかわからない。

■そうか。もみあい相場ってある程度たってから、もみあいだったとわかるのですね。

□そういうこと。ここら辺がテクニカル使いになるための肝の部分だ。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

最新記事

 
 
 

関連記事