^
ページTOPへ

もとい。OPEC側10カ国、6月は減産順守

原油反発。主要株価指数の反発などで。40.28ドル/バレル近辺で推移。

金反落。ドルインデックスの反発などで。1,795.35ドル/トロイオンス近辺で推移。

上海ゴム(上海期貨交易所)反発。20年09月限は10,225元/トン付近で推移。

上海原油(上海国際能源取引中心)反発。20年08月限は293.3元/バレル付近で推移。

金・プラチナの価格差、ドル建てで956.75ドル(前日比7.45ドル拡大)、円建てで3,336円(前日比29円拡大)。価格の関係はともに金>プラチナ。

東京市場は以下のとおり。(7月1日 19時36分頃 先限)
6,184円/g 白金 2,848円/g 原油 28,270円/kl
ゴム 154.0円/kg とうもろこし 23,400円/t

●東京原油 1時間足 (単位:円/キロリットル)

出所:楽天証券の取引ツール「マーケットスピードCX」より

●本日のグラフ「もとい。OPEC側10カ国、6月は減産順守」

前回は「OPEC側10カ国、6月も減産順守ならず。しかし原油相場の強材料?①」として、昨日、海外主要メディアが公表した6月のOPEC側10カ国の原油生産量、そこから推計される減産順守率、および7月から9月の3カ月間で上乗せして削減する量について書きました。

今回は「もとい。OPEC側10カ国、6月は減産順守」として、昨日、海外主要メディアが公表した6月のOPEC側10カ国の原油生産量、そこから推計される減産順守率ついて書きます。

一昨日公表されたデータでは、減産非順守でしたが、昨日公表されたデータでは、減産順守でした。

一昨日のデータは配信元が、輸送を手掛ける業者だったとみられます。

以下は、昨日、同じ海外メディアが公表した6月のOPECの原油生産量です。5月分も掲載しています。

6月の、減産に参加しているOPEC側10カ国の原油生産量は、日量2016万バレルでした。5月比、日量181万バレルも、減少しました。

これにより、削減実績が日量652万バレルとなり、減産順守率は107%、つまり、減産順守となりました。

また、5月の減産順守率も74%から77%に上方修正されました。

6月は、サウジ、UAE、クウェート、アルジェリアの4カ国が減産を順守しました。

イラクとナイジェリアの減産順守率は、大きく改善しました。(引き続き非順守)

6月は5月に比べ、OPEC全体として、減産についてはよい材料が多かった、と言えます。

前回書いたとおり、5月と6月の減産未達分は、7月から9月までの3カ月間で、上乗せして削減することになっています。

OPEC側がこの調子で、今後もルールを順守して減産を続ければ、とりあえず“減産を守れないOPEC”と呼ばれることは、回避できそうです。

来週以降、EIA、OPEC、IEAなどの専門機関から、6月の原油生産量のデータが公表されますので、こちらも注目したいと思います。

図:減産を実施するOPEC内10カ国の5月と6月の減産の状況 単位:百万バレル/日量

出所:海外主要メディアのデータをもとに筆者作成

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

最新記事

 
 
 

関連記事