^
ページTOPへ

OPEC側10カ国、6月も減産順守ならず。しかし原油相場の強材料?①

原油反落。主要株価指数の反落などで。39.16ドル/バレル近辺で推移。

金反落。ドルインデックスの反発などで。1,783.50ドル/トロイオンス近辺で推移。

上海ゴム(上海期貨交易所)反発。20年09月限は10,180元/トン付近で推移。

上海原油(上海国際能源取引中心)反発。20年08月限は292.4元/バレル付近で推移。

金・プラチナの価格差、ドル建てで953.7ドル(前日比0.7ドル拡大)、円建てで3,322円(前日比2円縮小)。価格の関係はともに金>プラチナ。

東京市場は以下のとおり。(6月30日 19時48分頃 先限)
6,138円/g 白金 2,816円/g 原油 27,620円/kl
ゴム 154.5円/kg とうもろこし 22,740円/t

●東京原油 1時間足 (単位:円/キロリットル)

出所:楽天証券の取引ツール「マーケットスピードCX」より

●本日のグラフ「OPEC側10カ国、6月も減産順守ならず。しかし原油相場の強材料?①」

前回は「破綻は連鎖するか、チェサピーク・エナジー、連邦破産法11条の適用を申請」として、同社の破綻に関連し、米シェール主要地区の開発関連指標と原油価格の動向について書きました。

今回は「OPEC側10カ国、6月も減産順守ならず。しかし原油相場の強材料?①」として、昨日、海外主要メディアが公表した6月のOPEC側10カ国の原油生産量、そこから推計される減産順守率、および7月から9月の3カ月間で上乗せして削減する量について書きます。

今後の原油相場を見る上でのポイントはいくつかありますが、なかでも、原油の生産面に注目しています。

生産については、OPECプラスの協調減産、米国の原油生産、という大きな2つのテーマがあります。

この2つのテーマ、どちらも、目先、原油生産量を減少させる要因になると、筆者は考えています。

これらのテーマにおいて、生産量の減少が進めば、原油市場の需給バランスを引き締める一因になります。

OPECプラスの協調減産については、5月から再開しています。

5月のデータに加え、速報ベースのデータですが、海外メディアが昨日、6月のOPECの原油生産量を公表しました。

これによれば、OPECの中でも減産に参加している10カ国の、6月の原油生産量は日量2215万バレルでした。

減産の基準から、日量453万バレル、削減をしたことを意味します。

削減予定量が日量608万バレルですので、減産順守率は74.5%と推定され、減産非順守、だった可能性があります。

次回以降、減産非順守でも、原油相場の強材料になり得る点について、書きます。

図:減産を実施するOPEC内10カ国の5月と6月の減産の状況 単位:百万バレル/日量

出所:海外主要メディアのデータをもとに筆者作成

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

最新記事

 
 
 

関連記事