^
ページTOPへ

新型コロナ、世界全体では“第1波拡大中”

原油反発。主要株価指数の反発などで。39.77ドル/バレル近辺で推移。

金反発。ドルインデックスの反落などで。1,758.95ドル/トロイオンス近辺で推移。

上海ゴム(上海期貨交易所)反落。20年09月限は10,350元/トン付近で推移。

上海原油(上海国際能源取引中心)反発。20年08月限は297.3元/バレル付近で推移。

金・プラチナの価格差、ドル建てで929.05ドル(前日比3.35ドル拡大)、円建てで3,212円(前日比3円縮小)。価格の関係はともに金>プラチナ。

東京市場は以下のとおり。(6月22日 19時39分頃 先限)
6,002円/g 白金 2,790円/g 原油 28,000円/kl
ゴム 157.7円/kg とうもろこし 22,850円/t

●東京原油 1時間足 (単位:円/キロリットル)
東京原油 1時間足

出所:楽天証券の取引ツール「マーケットスピードCX」より

●本日のグラフ「新型コロナ、世界全体では“第1波拡大中”」

前回は「OPEC月報では、サウジは5月、減産順守」として、OPECが6月17日(水)に月報で公表した、OPECの5月の原油生産量と、推計される減産順守率について書きました。

今回は「新型コロナ、世界全体では“第1波拡大中”」として、2020年2月以降の、世界全体の新型コロナウイルスの感染者数(前日比)の動向について書きます。

ここ最近“新型コロナ第2波”という言葉を、見たり聞いたししない日はありません。

さまざまな報道の情報をまとめれば、第2波とは“初めて感染が拡大した後、いったん感染拡大が収まるも、ぶり返して再び拡大し、第1波よりも大きな被害を発生させる波”と言えます。

例えば、米国や日本で、第2波の懸念がある、と言われていますが、第2波が来る懸念があるかどうかは、地域によって異なります。

第2波への警戒は、個別の地域での議論であり、世界全体での議論ではありません。

世界全体で言えば、以下のグラフのとおり、第1波が拡大中です。

現代社会における世界経済では、足りないものを他国から買う(輸入する)、余分なものや自国で付加価値をつけたものを他国へ売る(輸出する)という“貿易”が、発展のために不可欠です。

基本的に国と国は、関わり合いながら存在しているからこそ、世界全体を網羅する議論が重要です。

現段階で、第2波の議論は、世界の一部の地域についての議論で、世界全体を網羅する議論ではないことに、留意が必要です。

一部の地域に第2波を到来させないことと同じくらい、第1波が起きている地域でまずは感染をひと段落させることが、重要です。

図:世界全体の、新型コロナウイルス感染者(前日比) 単位:人
世界全体の、新型コロナウイルス感染者(前日比)

出所:ブルームバーグのデータをもとに筆者作成

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

最新記事

 
 
 

関連記事