^
ページTOPへ

減産初月、OPEC側は減産順守できず

原油反落。主要株価指数の反落などで。35.24ドル/バレル近辺で推移。

金反落。ドルインデックスの反発などで。1,748.00ドル/トロイオンス近辺で推移。

上海ゴム(上海期貨交易所)反発。20年09月限は10,315元/トン付近で推移。

上海原油(上海国際能源取引中心)反発。20年07月限は278.1元/バレル付近で推移。

金・プラチナの価格差、ドル建てで873.3ドル(前日比3.8ドル縮小)、円建てで3,135円(前日比4円拡大)。価格の関係はともに金>プラチナ。

東京市場は以下のとおり。(6月1日 19時45分頃 先限)
6,003円/g 白金 2,868円/g 原油 26,460円/kl
ゴム 154.1円/kg とうもろこし 22,730円/t

●東京原油 1時間足 (単位:円/キロリットル)
東京原油 1時間足

出所:楽天証券の取引ツール「マーケットスピードCX」より

●本日のグラフ「減産初月、OPEC側は減産順守できず」

今回は「減産初月、OPEC側は減産順守できず」として、先月29日(金)に海外主要メディアが公表した、独自調査による、OPECの2020年5月の原油生産量と、減産の順守状況について書きます。

協調減産は、2020年3月に一度終了したものの、翌々月の5月から、再開しました。

減産そのもののルールについて、基準となる生産量(①)は、サウジとナイジェリアを除き、2019年1月から2020年3月までの減産時と同じですが、削減予定量(③)は、現在の減産の方が、日量450万バレル程度、多いです。

OPECは3月までに比べて、削減量を強化して減産を再開したわけですが、その初月となった5月の減産順守率は、100%という減産順守の目安を下回る、74%でした。

一見すると、サウジや減産に参加する10カ国全体の、削減量(⑤)が、これまでの減産よりも大きく見えるため、OPECの減産へかける思いが強そうに見えます。

しかし、サウジの減産時の基準となる生産量(①)が日量1100万バレルと、高めに設定してあるため、多少の削減でも削減量が大きく見える、という数字のトリック的な要素もあります。

また、強化した減産であり、初月ということもあり、減産を順守できなくても問題ない、完璧ではないが頑張った、ととるか、守れていないものは守れていない、しかも、7月以降、現在よりも削減予定量が小さくなるため、小さくなることを見越して、手を抜いて減産をしているのではないか、ととるか、さまざまな見方ができます。

とりあえず、原油市場は、このデータが公表された金曜日の夕方(日本時間)以降、WTIベースで35ドルに乗せるなど、反発色を鮮明にしているため、減産非順守のOPECのデータを意に介していないか、完璧ではないが頑張ったととらえていると、考えられます。

図:OPECの2020年5月の原油生産量と減産順守状況 単位:百万バレル/日量
OPECの2020年5月の原油生産量と減産順守状況
 
出所:海外主要メディアのデータをもとに筆者作成

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

最新記事

 
 
 

関連記事