^
ページTOPへ

コロナが、米国を原油純輸出国にする!?

原油反落。主要株価指数の反落などで。34.02ドル/バレル近辺で推移。

金反発。ドルインデックスの反落などで。1,696.85ドル/トロイオンス近辺で推移。

上海ゴム(上海期貨交易所)反落。20年09月限は10,250元/トン付近で推移。

上海原油(上海国際能源取引中心)反落。20年07月限は272.8元/バレル付近で推移。

金・プラチナの価格差、ドル建てで821.3ドル(前日比11ドル縮小)、円建てで3,044円(前日比8円拡大)。価格の関係はともに金>プラチナ。

東京市場は以下のとおり。(5月27日 20時10分頃 先限)
5,913円/g 白金 2,869円/g 原油 25,860円/kl
ゴム 154.3円/kg とうもろこし 22,240円/t

●東京原油 1時間足 (単位:円/キロリットル)
東京原油 1時間足

出所:楽天証券の取引ツール「マーケットスピードCX」より

●本日のグラフ「コロナが、米国を原油純輸出国にする!?」

前回は「WTI原油先物、驚異の上昇率、95%超」として、このおよそ1カ月間の原油相場の上昇について、書きました。

今回は「コロナが、米国を原油純輸出国にする!?」として、5月26日(火)に、米エネルギー省(EIA)が公表した、月次レポートから、米国の原油の輸出量と輸入量について、書きます。

2019年11月29日、米国が70年ぶりに石油の純輸出国になったと、報じられました。

同年9月、米国の、原油と石油製品を合わせた輸出量が、輸入量を日量8万9000バレル、上回ったという内容です。

石油製品を含んだ“広い意味での石油”の純輸出国になったのであり、原油単体で、純輸出国になったわけではありませんでした。

以下のグラフは、1973年1月から、2020年4月までのおよそ47年間の、米国の原油輸出量と輸入量を示しています。

このおよそ47年間では、輸出量は輸入量を上回ったことはありません。

とはいえ、2020年4月は、原油輸入量が日量543万9000バレルと、1992年3月ごろの水準まで減少、原油輸出量は2015年1月の原油の輸出再開以降の、最高水準を維持しています。

2020年4月のネット輸出量(正味の輸出量 輸出量-輸入量)は、日量-217万バレルで(純輸入)、過去これよりもネット輸出量が大きかったのは、1985年2月の日量-188万バレルをはじめとした3回しかありません。

つまり、2020年4月は、このおよそ46年間で、4番目に、純輸出国に近い状態にあるわけです。

背景には、何が挙げられるのでしょうか?やはり、新型コロナウイルスの米国での感染拡大を受けた、消費減少だと思います。

米国の経済回復が、遅れれば遅れるほど、米国の原油輸入量が減少し、なおかつ、消費減少によるモノ余りを解消すべく、輸出量が増加すれば、数カ月後に、米国は原油輸出国になるかもしれません。

図:米国の原油輸入量と輸出量 単位:千バレル/日量
米国の原油輸入量と輸出量

出所:米エネルギー省(EIA)のデータより筆者作成

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

最新記事

 
 
 

関連記事