^
ページTOPへ

日量1000万バレル削減では足りない理由

原油反落。米国などの減産参加への不透明感からなどで。23.21ドル/バレル近辺で推移。

金反発。ドルインデックスの反落などで。1,752.80ドル/トロイオンス近辺で推移。

上海ゴム(上海期貨交易所)反発。20年09月限は10,140元/トン付近で推移。

上海原油(上海国際能源取引中心)反落。20年06月限は290.0元/バレル付近で推移。

金・プラチナの価格差、ドル建てで1001.3ドル(前日比50.6ドル拡大)、円建てで3,247円(前日比15円縮小)。価格の関係はともに金>プラチナ。

東京市場は以下のとおり。(4月10日 18時59分頃 先限)
5,841円/g 白金 2,594円/g 原油 25,100円/kl
ゴム 151.2円/kg とうもろこし 22,830円/t

●東京原油 1時間足 (単位:円/キロリットル)
東京原油 1時間足

出所:楽天証券の取引ツール「マーケットスピードCX」より

●本日のグラフ「日量1000万バレル削減では足りない理由」

前回は「ついに来月からの米シェール減少が確実に!?②」として、前々回触れた米国全体の原油生産量の見通しをもとに、2020年の米シェール主要地区の原油生産量の見通しについて書きました。

今回は「日量1000万バレルでは足りない理由」として、今週EIA(米エネルギー省)が公表した、月次の短期見通しをもとに、世界の石油の需給バランスについて書きます。

OPECプラスは、日量1000万バレルを削減することを4月9日(木)の会合で決定した訳ですが、この大きな規模の減産の決定でも、原油相場は下落しました。

削減幅が十分ではないと市場がみなしていることが、下落の一因と言われています。

EIAによれば、以下の世界の需給バランスのグラフのとおり、4月は日量1500万バレルを超える規模の、供給過剰となると見通されています。

単純計算で、日量1000万バレルの減産では、日量1500万バレルの供給過剰を防ぐことができないわけです。

この点が、日量1000万バレルの削減では不十分、かつさらなる削減が必要、という下落要因につながっているとみられます。

市場はあたかも、OPECプラスが、米国やカナダを巻き込んで合意を主導できるのか、という大きな問いを突き付けているようにも見えます。

4月10日(金)のG20の臨時エネルギー相の会合の行方に注目したいと思います。

図:世界の石油の需給バランス 単位:百万バレル/日量
世界の石油の需給バランス

出所:EIA(米エネルギー省)のデータをもとに筆者推計

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

最新記事

 
 
 

関連記事