^
ページTOPへ

新型肺炎のOPEC総会への影響②

原油(WTI先物)反落。主要株価指数の反落などで。45.77ドル/バレル近辺で推移。

金反落。ドルインデックスの反発などで。1,627.15ドル/トロイオンス近辺で推移。

上海ゴム(上海期貨交易所)反落。20年05月限は10,550元/トン付近で推移。

上海原油(上海国際能源取引中心)反落。20年04月限は353.5元/バレル付近で推移。

金・プラチナの価格差、ドル建てで746.55ドル(前日終値比7.2ドル拡大)、円建てで2,590円(前日終値比7円拡大)。価格の関係はともに金>プラチナ。

東京市場は以下のとおり。(2月28日 16時40分頃 先限)
5,674円/g 白金 3,084円/g 原油 33,700円/kl
ゴム 172.3円/kg とうもろこし 23,050円/t

●東京原油 1時間足 (単位:円/キロリットル)
東京原油 1時間足

出所:楽天証券の取引ツール「マーケットスピードCX」より

●本日のグラフ「新型肺炎のOPEC総会への影響②」

今回は「新型肺炎のOPEC総会への影響②」として、前回に続き、新型肺炎の拡大が与えるOPEC総会への影響を考えます。

以下のグラフは、OPECプラスの国々(合計23カ国)のうち、WHOが感染を確認している国の、新型肺炎の感染者数を示しています。

同日時点で、OPECプラスの国々のうち、OPEC側はアルジェリア、イラク、クウェート、UAE、イランの5カ国(合計204人)、非OPEC側はバーレーン、マレーシア、オマーン、ロシアの4か国(合計61人)の、合計9カ国で感染者が確認されています。(当該国の国籍で、当該国外に居住する人を含む)

世界全体の感染数に比べれば規模的には大きくはありませんが、感染者が発生・存在することで不安が生じます。この不安が、総会に、以下のような具体的な影響を与える可能性があります。

1.総会が延期あるいは中止?
延期や中止といった、総会のスケジュール変更は、すでに今月行われたJTC(共同技術委員会)で決定した日量60万バレル程度の減産実施を、決定するタイミングを逸することになるため、原油市場にとってはマイナス要因となります。

2.開催されたとしても囲み取材や記者会見はなくなる?
OPEC総会では、多数の記者による囲み取材が名物と言われています。囲みの字のとおり、濃厚接触状態になります。

また、総会後の記者会見は会議場に記者たちがおおよそ100人程度(それ以上か?)集まっている中で行われています。この時間帯も、OPECプラスの要人も記者も、感染の可能性が高まります。

総会が行われたとしても、囲み取材や記者会見の中止となれば、総会で話し合われたことの詳細が報じられず、情報の透明性を低下させる要因になります。

この点も、原油市場にとってマイナス要因になる可能性があります。

引き続き、新型肺炎拡大が、総会にどのような影響を与えるかに注目したいと思います。

図:OPECプラスの国々の新型肺炎感染者数(前日比)  単位:人
OPECプラスの国々の新型肺炎感染者数(前日比)

出所:WHO(世界保健機関)のデータをもとに筆者作成

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

最新記事

 
 
 

関連記事