^
ページTOPへ

原油は底入れからの押し目買いで対処

 週明け17日の米国市場はプレジデントデーで休場となるが、中国リスクを警戒して、戻りをみせたWTIやブレントはまた売り直されるだろう。それでも、下げは限定的で、NY石油製品の堅調地合いから、取引中心限月であるWTI期近4月限は20日移動平均線のある53ドル台回復も予想される。

 東京原油は押し目買いスタンスで、3万7000円台では下値固めの様相が伺える。
 

 

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

最新記事

 
 
 

関連記事