^
ページTOPへ

米国の原油生産量、初の日量1300万バレル到達

原油(WTI先物)反落。主要株価指数の反落などで。50.69ドル/バレル近辺で推移。

金反発。ドルインデックスの反落などで。1,579.05ドル/トロイオンス近辺で推移。

上海ゴム(上海期貨交易所)反落。20年05月限は11,430元/トン付近で推移。

上海原油(上海国際能源取引中心)反発。20年04月限は406.1元/バレル付近で推移。

金・プラチナの価格差、ドル建てで611.45ドル(前日比7.15ドル拡大)、円建てで2,143円(前日比7円拡大)。価格の関係はともに金>プラチナ。

東京市場は以下のとおり。(2月13日 19時9分頃 先限)
5,552円/g 白金 3,409円/g 原油 37,400円/kl
ゴム 183.9円/kg とうもろこし 23,300円/t

●東京原油 1時間足 (単位:円/キロリットル)
東京原油 1時間足

出所:楽天証券の取引ツール「マーケットスピードCX」より

●本日のグラフ「米国の原油生産量、初の日量1300万バレル到達」

前回は「現在の減産は非OPECよりも、OPEC側の負担が大きい」として、個別の国ごとの現在の減産のルールを確認しました。

今回は「米国の原油生産量、初の日量1300万バレル到達」として、米国に目を移し、、EIA(米エネルギー省)が今週火曜日(2月11日)に公表した短期見通しから、米国の原油生産量に注目します。

EIAの短期見通しは、各種エネルギー品目の生産量や在庫、価格などの各種データの、翌年12月までの見通しを含む統計です。

米国の原油生産量は、短期見通し以外に、別の月次統計でも確認することができます。

これらを組み合わせ、以下のとおり、1920年1月から2021年12月までの、月次の米国の原油生産量のグラフを作成しました。

これによると、2020年1月に日量1301万バレルとなり、統計史上初めて、米国の原油生産量が日量1300万バレルを超えました。

2010年前後に始まった米シェール革命による生産量の増加が継続しており、日量500万バレル程度だった2007年前後に比べおよそ2.6倍になりました。

そして、EIAは、この増加傾向は2021年12末まで続く、という見通しを示しています。

今週公表された短期見通しでは、2021年12月に日量1407万バレル、つまり、日量1400万バレル台に達するとしています。

2014年半ばから2016年末にかけて、原油相場が急落・低迷しましたが(逆オイルショック)、その頃は、米シェール業者の採算価格は70ドル前後と言われました。

しかし、現在、原油相場が50ドル台でも生産量が増加し続けている、ということは、明らかに当時よりは、低コストで生産することが可能になったと言えます。

この状態で、仮に、今よりも原油相場が上昇した場合、米国の原油生産量の増加のスピードは、さらに増す可能性があります。

引き続き、米国の原油生産量に、注目していきたいと思います。

図:米国の原油生産量 単位:百万バレル/日量
米国の原油生産量

出所:EIA(米エネルギー省)のデータをもとに筆者作成

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

最新記事

 
 
 

関連記事