^
ページTOPへ

新型コロナウィルスと金価格 その3

 新型コロナウィルスが商品価格に対して様々な影響を及ぼしている。金価格の場合は、セーフヘイブンの買いもあり、12月以降上昇し1,550ドルを超えているが、先行きは予断を許さない。というのも、中国において金の地金や宝飾品の売り上げが激減しているためだ。大手貴金属商は、書き入れ時の春節に金がほとんど売れなかったようだ。中国国内の宝飾品店はこれまでの間に、ウィルスの感染を恐れて店舗の開店時間を短縮し従業員の出社を減らしているようである。2019年の中国の金の需要は前年比▲7%減であったが、今年も更に相当な減少になるだろうと言われている。金のドル建て価格が堅調なことも金の需要を削減している。

 2010年から昨年までの金の価格と金の需要は0.81の正の相関関係にあり、グラフ『金の需要と価格』が示す通り、金の需要が減少すると金価格は下がる性質がある。

 ティファニーに次いで世界第二位の宝石商の香港の『周大福』は香港のデモの影響もあり、現在15店舗を閉鎖しているという。また、宝飾品を製造する工場は中国国内にあるが、従業員の3割程度が出社しておらず、生産が滞っているという。宝飾業者等で組織する香港の宝飾品販促団体The Hong Kong Jewelry Manufacturers’ Associationのチェアマン、Benny Do氏は、香港の宝飾品の売り上げは前年に比べて7割以上は減少するだろうと述べている。
 

 

 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

最新記事

 
 
 

関連記事