^
ページTOPへ

週刊石油展望

 今週の原油相場は、現在の価格帯で下値固めとなるかどうかに注目だ。WTIでは、4日に49.31ドルまで売り込まれたもの、その後は値を戻す、ただ一足飛びに上昇とはならずその後また売られる展開。OPECプラスの委員会では日量60万バレルの減産規模拡大が提案されたが、ロシアが同意を見送ったことで先行きは不透明感もある。また新型コロナウイルスも引き続き上値を抑えるであろう。テクニカル面では、前回安値を割り込むともう一段下の可能性大、前回安値で持ちこたえるとダブルボトム形成で緩やかに値戻し、両方の展開が想定されるところだ。
 

 

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

最新記事

 
 
 

関連記事