^
ページTOPへ

米シェール、ついに曲がり角を迎えた!?

原油(WTI先物)反落。米原油在庫の増加などで。60.45ドル/バレル近辺で推移。

金反発。ドルインデックスの反落などで。1,481.35ドル/トロイオンス近辺で推移。

上海ゴム(上海期貨交易所)反落。20年05月限は13,165元/トン付近で推移。

上海原油(上海国際能源取引中心)反発。20年02月限は474.0元/バレル付近で推移。

金・プラチナの価格差、ドル建てで550.65ドル(前日比終値比 変わらず)、円建てで1,926円(前日比終値比 13円拡大)。価格の関係はともに金>プラチナ。

東京市場は以下のとおり。(12月18日 15時2分頃 先限)
5,190円/g 白金 3,264円/g 原油 41,440円/kl
ゴム 199.7円/kg とうもろこし 24,400円/t

●東京原油 1時間足 (単位:円/キロリットル)
東京原油 1時間足

出所:楽天証券の取引ツール「マーケットスピードCX」より

●本日のグラフ「米シェール、ついに曲がり角を迎えた!?」

今回は「米シェール、ついに曲がり角を迎えた!?」として、12月16日に米エネルギー省(EIA)が公表した米シェール主要地区に関する月次統計から、同地区における仕上げ済井戸数と稼働リグ数について書きます。

以前の「シェールの開発過程を確認する」で書いた通り、米シェール主要地区における開発工程は、探索・開発・生産の3つに分けることができます。

真ん中の開発は、前工程の掘削と後工程の仕上げに分けられます。

掘削とは、リグ(掘削機。生産をする施設ではない)を稼働させて井戸を掘る作業です。

仕上げとは、原油の生産を開始するために行われる、最終的な作業です。

具体的には、掘削した井戸に対し、壁面をセメントで固め、水と砂と少量の化学物質を高圧で注入し、井戸の先端部分のシェール層を破砕し、原油を抽出できるようにする作業です。

生産に最も近い工程である仕上げは、全工程の中で最もコストがかかると言われています。

そのため、仕上げが行われる、ということは、数カ月後には、原油の生産を開始し、それを売って収益を上げることが前提となっている、と言えます。

16日に公表されたデータを参照した以下のグラフから、先月(11月)は、仕上げが終わった井戸の数が、やや多めに減少したことがわかります。

仕上げ済井戸数の減少は、将来の同地区の原油生産量の減少の一因になると考えられます。

もちろん、以前の「米シェールの生産効率、徐々に過去最高に接近」で書いたとおり、“質”にあたる生産効率を示すデータは引き続き上昇傾向にあるため、“量”にあたる井戸の数が減っても、必ずしも生産量が減少するとは限りません。

しかし、少なくとも“量”に、やや黄色信号がともっている点には、引き続き注目していかなくてはならないと思います。

図:米シェール主要地区の仕上げ済井戸数とリグ数
単位:基
米シェール主要地区の仕上げ済井戸数とリグ数

出所:米エネルギー省(EIA)より筆者作成

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

最新記事

 
 
 

関連記事