米石油収支、黒字化の主因は原油輸出量の増加

原油(WTI先物)反落。主要株価指数の反落などで。56.88ドル/バレル近辺で推移。

金反発。ドルインデックスの反落などで。1,470.75ドル/トロイオンス近辺で推移。

上海ゴム(上海期貨交易所)反落。20年01月限は11,985元/トン付近で推移。

上海原油(上海国際能源取引中心)反落。19年12月限は454.7元/バレル付近で推移。

金・プラチナの価格差、ドル建てで560.55ドル(前日比7.1ドル拡大)、円建てで1,968円(前日比19円拡大)。価格の関係はともに金>プラチナ。

東京市場は以下のとおり。(11月8日 大引け 先限)
5,149円/g 白金 3,181円/g 原油 38,530円/kl
ゴム 177.5円/kg とうもろこし 23,490円/t

●東京原油 1時間足 (単位:円/キロリットル)
東京原油 1時間足

出所:楽天証券の取引ツール「マーケットスピードCX」より

●本日のグラフ「米石油収支、黒字化の主因は原油輸出量の増加」

今回は「米石油収支、黒字化の主因は原油輸出量の増加」として、数量ベースの米国の石油の輸出入について確認します。

“石油”について、ここでは、広義の石油、具体的には原油と石油製品の合計と考えます。

以下のグラフは、米国の原油輸出量、石油製品の輸出量、そして石油(原油と石油製品の合計)の輸入量を示しています。

直近のデータは2019年8月で、この月の米国の原油輸出量は日量288万4420バレル、石油製品の輸出量は日量530万6680バレル、そして石油(原油と石油製品の合計)の輸入量は日量932万7360バレルでした。

前回の「米石油貿易収支、初の黒字」で述べた石油収支(金額ベース)の黒字化は、石油の輸出量が輸入量に肉薄したことが主因と考えられます。

以前の「増加し続ける米国の原油輸出量①」で書いたとおり、米国の原油輸出の段階的な解禁後、原油輸出量が増加しました。

この点が石油全体の輸出量を増加させたと言えます。

2019年8月時点の石油輸出量に占める原油輸出量の割合は35.2%で、超軽質原油の輸出が解禁された2014年6月ごろの12.3%、原油の輸出が解禁された2015年12月ごろの10.4%に比べれば、3倍程度になっています。

石油製品の輸出量も増加しているのですが、目立って増加しているのは原油の輸出量です。

一方、2013年ごろからは、石油の輸入量はおおむね横ばいとなっています。

横ばいの輸入量に対し、原油の輸出量が大きく増加、石油製品の輸出量も増加したことにより、石油の輸入量と輸出量がほとんど同じになったわけです。

石油の消費国においては、米国からの輸入(米国の輸出)は、中東依存度を下げる効果が期待されるため、今後、特に東アジアやインドなどで増加する可能性があります。

そうなれば、金額ベースだけでなく、数量ベースでも輸出が輸入を上回ることが想定されます。

図:米国における石油の輸出・輸入量 単位:千バレル/日量
米国における石油の輸出・輸入量

出所:JODIのデータをもとに筆者作成

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事