JODIがサウジの8月の原油在庫のデータを更新

原油(WTI先物)反発。主要株価指数の反発などで。53.96ドル/バレル近辺で推移。

金反発。ドルインデックスの反落などで。1,494.35ドル/トロイオンス近辺で推移。

上海ゴム(上海期貨交易所)反発。20年01月限は11,705元/トン付近で推移。

上海原油(上海国際能源取引中心)反発。19年12月限は445.7元/バレル付近で推移。

金・プラチナの価格差、ドル建てで596.35ドル(前日比2.5ドル縮小)、円建てで2,061円(前日比25円縮小)。価格の関係はともに金>プラチナ。

東京市場は以下のとおり。(10月21日 16時10分頃 先限)
5,191円/g 白金 3,130円/g 原油 37,060円/kl
ゴム 165.8円/kg とうもろこし 24,120円/t

●東京原油 1時間足 (単位:円/キロリットル)
東京原油 1時間足

出所:楽天証券の取引ツール「マーケットスピードCX」より

●本日のグラフ「JODIがサウジの8月の原油在庫のデータを更新」

今回は先日JODIが更新した、サウジの8月の原油在庫のデータを確認します。

JODI(以下の7つで構成)は、Joint Organisations Data Initiative の略で、主に「共同機構データイニシアティブ」と訳されます。

APEC:Asia Pacific Economic Cooperation(アジア太平洋経済協力) 環太平洋地域における経済協力を進めるための非公式組織
Eurostat:ユーロスタット 欧州委員会の統計を担当する部門
IEA:International Energy Agency(国際エネルギー機関)要件を満たすOECD諸国で構成するエネルギー安全保障の確保などを掲げる組織
OLADE:Organización LatinoAmericana De Energia ラテンアメリカ域内のエネルギー資源の保護・活用を図る組織
OPEC:Organization of the Petroleum Exporting Countries(石油輸出国機構) 石油メジャーから産油国の利益を守ることを目的として設立された組織
UNSD:United Nations Statistics Division(国連統計部) グローバルな統計の編集・普及、基準の発展などを支援する組織
IEF:International Energy Forum(国際エネルギー・フォーラム) エネルギー市場の安定供給について産油国と消費国が非公式な対話をする組織

国連の配下組織を含んだ7つの組織が、石油市場におけるデータの透明性の欠如などの課題への対応を行うことを目的としています。

JODIはサウジの8月の原油在庫を1億7275万3000バレルとしました。

次回以降、以前の「サウジの9月の原油生産量を比較③」で推計した原油生産量をもとに、9月のサウジの原油在庫について述べます。

図:サウジの原油在庫 単位:千バレル
サウジの原油在庫

出所:JODIのデータをもとに筆者作成

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事