サウジの9月の原油生産量を比較②(OPECのデータ追記)

原油(WTI先物)反発。ドルインデックスの下落などで。54.14ドル/バレル近辺で推移。

金反落。主要株価指数の上昇などで。1,499.30ドル/トロイオンス近辺で推移。

上海ゴム(上海期貨交易所)反発。20年01月限は11,610元/トン付近で推移。

上海原油(上海国際能源取引中心)反発。19年11月限は458.6元/バレル付近で推移。

金・プラチナの価格差、ドル建てで594.65ドル(前日比2.3ドル縮小)、円建てで2,048円(前日比60円縮小)。価格の関係はともに金>プラチナ。

東京市場は以下のとおり。(10月11日 14時44分頃 先限)
5,178円/g 白金 3,130円/g 原油 37,200円/kl
ゴム 163.1円/kg とうもろこし 23,990円/t

●東京原油 1時間足 (単位:円/キロリットル)
東京原油 1時間足

出所:楽天証券の取引ツール「マーケットスピードCX」より

●本日のグラフ「サウジの9月の原油生産量を比較②(OPECのデータ追記)」

前々回「サウジの9月の原油生産量を比較①」として、9月のサウジの原油生産量について、海外通信社2社、およびEIA(米エネルギー省)が公表した合計3つデータを比較しました。

9月14日(土)に起きたサウジドローン事件の影響を推定すべく、公表元の異なる3つのサウジの原油生産量のデータを比較した上で、JODI(共同機構データイニシアティブ)が公表したサウジの原油在庫が、それぞれのケースでどれくらい減少したのかを確認しました。

今回は「サウジの9月の原油生産量を比較②」として、昨日、OPEC(石油輸出国機構)が公表したサウジの9月の原油生産量のデータを追記して比較します。

以下の資料のとおり、OPECが公表したサウジの9月の原油生産量は日量856万4000バレルでした。

8月が日量984万4000バレルでしたので、前月比日量128万バレル減となりました。

これまで公表された3つのデータと比べれば、減少幅が極端に大きかったり、小さかったりするものではありませんでした。

生産減少に伴うサウジの原油在庫の取崩量は4824万バレルと推定されます。(日量984万4000バレル×31日分-日量856万4000バレル×30日分)

この値は、JODIが公表した7月のサウジの原油在庫である1億7979万6000バレルの26.8%にあたります。

4つのデータの平均は、サウジの原油生産量の変動率が-12.2%、推定される原油在庫の変動率が-25.5%です。

これまでのデータからは、サウジドローン事件が起きた9月のサウジの原油生産量はおよそ12%減少(8月比)、同原油在庫はおよそ25%減少(7月比)だったと言えそうです。

今晩、IEA(国際エネルギー機関)がサウジの9月の原油生産量を含む、月次レポートを公表します。引き続く注目したいと思います。

図:サウジの原油生産量と原油在庫の比較(筆者推定)
サウジの原油生産量と原油在庫の比較(筆者推定)

出所:主要海外通信社、EIA(米エネルギー省)、OPEC(石油輸出国機構)のデータをもとに筆者推定

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事