ついに現実味を帯びた、米シェールだけで日量1000万バレル

原油(WTI先物)反落。主要株価指数の弱含みなどで。54.70ドル/バレル近辺で推移。

金反発。ドルインデックスの反落などで。1,537.85ドル/トロイオンス近辺で推移。

上海ゴム(上海期貨交易所)反落。20年01月限は11,360元/トン付近で推移。

上海原油(上海国際能源取引中心)反落。19年09月限は418.0元/トン付近で推移。

金・プラチナの価格差、ドル建てで668.2ドル(前日比14.7ドル拡大)、円建てで2,207円(前日比0円拡大)。価格の関係はともに金>プラチナ。

東京市場は以下のとおり。(8月13日 17時00分頃 先限)
5,146円/g 白金 2,939円/g 原油 35,550円/kl
ゴム 166.2円/kg とうもろこし 22,650円/t

●東京原油 1時間足 (単位:円/キロリットル)
東京原油 1時間足

出所:楽天証券の取引ツール「マーケットスピードCX」より

●本日のグラフ「ついに現実味を帯びた、米シェールだけで日量1000万バレル」

今回は、昨日米エネルギー省(EIA)が公表した、米シェール主要地区の原油生産量の動向について書きます。

EIAは全米に合計7つのシェール主要地区があるとしています。

以下のグラフは、その7つの地区の原油生産量の合計を示したものです。

2019年7月は日量862万バレルとなり、過去最高を更新しました。5カ月連続の増加です。

また、米国全体の原油生産量に占める、米シェール主要地区の割合はおよそ73.6%でした。(7月時点)

このシェール比率は上昇傾向にあり、月を追うごとに、シェールが増えれば米国全体が増える、という構図が鮮明になっています。

また、EIAが今月公表した見通しは、2020年12月時点で、米国全体の原油生産量が日量1362万バレルに達するとしています。

シェール比率が変わらなかったとすれば、2020年12月時点で米シェール主要地区の原油生産量は日量およそ1002万バレルになる計算で、早ければ来年11月にも日量1000万バレルを超える計算になります。

EIAの月次データによれば、米国全体の原油生産量は、2017年11月に初めて1000万バレルを超えたとされています。

それからおよそ3年間で、米シェール主要地区の原油生産量が日量およそ350万バレル増え、そしていよいよ来年、米シェールのみで1000万バレルに達することが現実味を帯びてきました。

引き続き、米国全体、および米シェール主要地区の原油生産量の推移に注目したいと思います。

図:米国全体および米シェール主要地区の原油生産量
単位:百万バレル/日量
米国全体および米シェール主要地区の原油生産量

出所:米エネルギー省(EIA)のデータをもとに筆者作成

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事