OPEC原油生産量、順調に減少中

原油(WTI先物)下落。主要株価指数の下落などで。54.83ドル/バレル近辺で推移。

金強含み。ドルインデックスの弱含みなどで。1469.15ドル/トロイオンス近辺で推移。

上海ゴム(上海期貨交易所)下落。9月限は10280元/トン近辺で推移。

上海原油(上海国際能源取引中心)反発。9月限は433.0元/バレル近辺で推移。

金・プラチナの価格差、ドル建てで611.0ドル(前日比6.5ドル拡大)、円建てで2027円(前日比3円縮小)。価格の関係はともに金>プラチナ。

東京市場は以下のとおり。(8月5日17時頃 先限)
4948円/g 白金 2921円/g 原油 36990円/kl
ゴム 165.0円/kg とうもろこし 23470円/t

●東京原油 1時間足 (単位:円/キロリットル)
東京原油 1時間足

出所:楽天証券の取引ツール「マーケットスピードCX」より

●本日のグラフ「OPEC原油生産量、順調に減少中」

前回は「なぜ、サウジは孤軍奮闘するのか?」として、孤軍奮闘して減産に取り組むサウジの動向について書きました。

今回は「OPEC原油生産量、順調に減少中」として、前回同様、海外主要メディアが先週公表したOPEC加盟国の原油生産量のデータから、足元のOPEC全体の原油生産量の推移について書きます。

当該データは、7月のOPECの原油生産量が6月に比べて日量28万バレル減少、1月に比べて日量156万バレル減少したことを示しています。

グラフの見た目から、OPECの減産が非常によく守られていることを連想させられます。

同データによれば、確かに2019年7月は、OPECの減産参加国は減産を順守することができました。

ただ、このグラフの見た目の印象だけで、OPECの減産が順守された、と解釈することは難しいと筆者は考えています。

減産が上手くいっているかどうかを判断するには、どの国が減産をしたのか?ということが非常に重要です。

減産に参加していない国の生産量が減少しても、減産が上手くいっていることにはならないからです。

“減産順守率”というOPEC等が公表している減産の進捗状況を示すデータがあります。

100%を超えると減産が守られていることを示すこのデータの計算根拠に、減産に参加していない国は含まれていません。

つまり、減産が上手くいっているかどうかの判断に、減産に参加していない国(減産免除国)は無関係なわけです。

減産の進捗を確認するために注目しなければならないのは“減産参加国”の動向だと言えます。

その意味では、減産を順守できているか、という減産の進捗を確認するには、OPEC全体ではなく、減産参加国のみの、原油生産量の動向に注目する必要があります。

次回以降、減産参加国の原油生産量について書きます。

図:OPECの原油生産量 単位:百万バレル/日量

出所:海外主要メディアのデータをもとに筆者作成

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事