サウジの孤軍奮闘=OPECの足並みの乱れ

原油(WTI先物)横ばい。週間石油統計における強材料(米原油在庫減少)、弱材料(米原油生産量増加)など、強弱の材料が交錯したことなどで。57.81ドル/バレル近辺で推移。

金反発。ドルインデックスの上昇一服感などで。1419.25ドル/トロイオンス近辺で推移。

上海ゴム(上海期貨交易所)下落。9月限は10565元/トン近辺で推移。

上海原油(上海国際能源取引中心)反落。9月限は442.9元/バレル近辺で推移。

金・プラチナの価格差、ドル建てで560.8ドル(前日比1.9ドル拡大)、円建てで1919円(前日比4円縮小)。価格の関係はともに金>プラチナ。

東京市場は以下のとおり。(8月1日19時頃 先限)
4918円/g 白金 2999円/g 原油 40320円/kl
ゴム 172.5円/kg とうもろこし 24060円/t

●東京原油 1時間足 (単位:円/キロリットル)
東京原油 1時間足

出所:楽天証券の取引ツール「マーケットスピードCX」より

●本日のグラフ「サウジの孤軍奮闘=OPECの足並みの乱れ」

今回は「サウジの孤軍奮闘=OPECの足並みの乱れ」として、日本時間の本日、海外主要メディアが公表したイランを含んだOPECの原油生産量について書きます。

以下のグラフは、本日公表された7月の原油生産量のデータと、現在のルールでの減産がスタートした2019年1月を比較したものです。

OPEC全体としては7月、1月に比べて日量156万バレル減少しました。そして、そのOPECの全体の減少量のうち、日量75万バレル(48.1%)が、減産参加国によるものでした。

減産の責を負っている減産参加国に比べて、減産に参加していない減産免除国の方が、OPEC全体の生産減少に貢献しているわけです。

また、減産参加国による日量75万バレルの減少のうち、79.8%にあたる日量60万バレルがサウジ1国によるものでした。

サウジ以外の減産参加国10カ国(イラク、クウェート、UAE、ナイジェリア、アルジェリア、赤道ギニア、コンゴ共和国、アンゴラ、ガボン、エクアドル)の減少幅の合計は日量15万バレル(日量75万バレルの20.2%)でした。

OPEC全体としては、日量156万バレルの減少のうち、38.4%にあたる日量60万バレルをサウジ1国で賄っています。

減産はサウジ1国頼み、サウジが孤軍奮闘、という状況にあります。

OPEC加盟国の中では、2年半以上という長きに渡り、減産を継続しているため、“そろそろ増産をしたい”という思惑が芽生え始めている可能性もあります。

そのように考えれば、今後、時間の経過と共に減産をしなければならい国で削減量が減少、あるいは増産が目立ち、同時に、サウジ1国頼みの状態がより目立つようになると考えられます。

OPEC全体の原油生産量が減少しているため、一見すると減産が上手くいっているように見えがちですが、決してOPECは一枚岩ではないことに注意が必要です。

図:OPEC全体および減産参加国・免除国の原油生産量の比較(2019年1月-7月)単位:千バレル/日量

出所:海外主要メディアのデータをもとに筆者作成

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事