^
ページTOPへ

AIと相場

 筆者はほとんど毎日、暇があるとネットで対戦囲碁を行っているが、囲碁の世界ではGoogleのAIに世界のトップ棋士が完敗している。またAIの出現によって、これまで悪手とされていた定石が、その方が良いという判断に代わってしまった。当初のGoogle社のAIは、過去の人間が打った棋譜をすべて入力し、数千万件の手を覚えて、その最適解を出すものであったが、次世代のAIはAI通しで数千万局を打たせて互いに競い合わせることにより、過去の棋譜の再現ではなく、新しい手を独自に生み出すようになり、ついに人間は勝てなくなった。そして現在のプロ棋士はAIの導く新手を覚えないとならなくなっている。

 要するに考えるAIの出現である。これまでのコンピューターは、例えば相場に使うハイフリークウェンシーのコンピューターは過去の相場のどの場面に当たるかを現在の相場から判断し、その後の展開を推理するというものであり、結局過去の相場の確率を瞬時に求めるものだと理解している。囲碁の場合は19×19の盤面上で、人間にとってはほぼ無限と言える世界であるが、AIにとっては、瞬時に確率を計算するのはお手の物であるが、その程度では勝てなかったところ、人間と同じように、新手を考え、その先どうなるかを一手ごとに考えるようになっている。

 こうしたAIを相場に使うとどうなるのかは知ってみたい気がするが、AIが必ず勝つなら相場は囲碁と同様に面白くなくなる。

 さて、5月20日付けの日本経済新聞記事に人工知能(AI)を用いて農産物の作況を予測し、商品先物市場で活用する取り組みが動き出しているという記事があった。これは、AIを使って衛星画像や気象予想などを解析し、コメの生育状況を予測するものだ。シカゴのトウモロコシや大豆、ニューヨークのコーヒーや砂糖等農産物は、もっぱら海外の農地における作付けや生育状況に価格が左右される。その点大阪堂島商品取引所に上場されている新潟コシヒカリなどのコメは日本の生育によって価格が動くので、日本の投資家にとっては面白いはずである。かって『赤いダイヤ』という梶山季之の小説では、冒頭に千葉県の海に主人公が裸足で入っていく姿が描かれてる。これは房総の海水温を肌で感じて北海道十勝平野の冷害を予測するという設定である。

 コメは水田耕作なので、干ばつには強いが、洪水に弱い。大雨が降るかどうかによって収穫高やコメの品質が変わってくる。これを衛星写真などで、田んぼが黄色く輝いているかどうか、その面積はどのくらいかをいち早くAIで計算させようという試みであろう。

 カギはいかに正確な作況を予測できるかだ。「多様なデータ集めがカギになる」という。すでに米国ではドローンを使った穀物の生育状況を有料のデータ配信しているテルアスラボ社という企業があったがインディゴ・アグリカルチャーに買収されたという。今後もAIを相場の予測に使うことはどんどん出てくるだろう。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

最新記事

 
 
 

関連記事