週刊石油展望

≪展望≫  今週は13,14日に日銀金融政策決定会合を控えているが、これまでの金融緩和の効果を見極めるとの見方があることから追加緩和措置は見送られると思われる。また、ドル円は94.05円に到達後、上値が重い展開となっているため調整安となる可能性が高い。しかし、依然円売りの流れは継続すると思われるため、調整後は再度94円台の突入を目指す展開か。
 WTIは、98ドル手前でのもみ合いが続いており、上抜けるにはもう一つ材料が欲しいところ。外部環境的には、ユーロ/ドルやNYダウがこれまでの上昇一辺倒から調整場面となっているところから、市場のリスク姿勢を見極めたい。

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事