^
ページTOPへ

週刊石油展望

 一本調子で上がりすぎている感はあるものの、今のところ他市場に大きな変化がない限りは下値も限定されているか。ガソリンの需要期を控えているという点では高値が正当化されやすく、ファンドが買い増しを続けており株式市場の急落のようなことが起こらない限りは高値圏で推移しやすく、東京原油の期先では200日平均を上抜き上昇が加速する展開も想定した方がよいのかもしれない。

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

最新記事

 
 
 

関連記事