週刊石油展望

 今週は保ち合いから堅調な展開を想定する。今週は一旦押し目を作る格好となり、下値は底堅い印象であった。OPECの協調減産は継続される見通しであり、さらに3月からはサウジの追加減産も開始されることから、供給懸念が意識されやすくなりそうか。しかしトランプ米大統領のOPECに対する批判は短期的な弱材料となる可能性もあり、大きく突っ込んだ場面では押し目買いを考えたいところである。
 

 

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事