週刊石油展望

 今週の原油相場は上げ一服でレンジ相場入りすると見る。Brent原油は10月3日の高値86.74ドルと12月26日の安値49.93ドルの3分の1戻しを達成し、11月下旬から12月中旬の60ドルを挟んだレンジ相場水準まで回復した。テクニカル的にみると、一目均衡表では基準線が横ばいからやや上昇に転じ、転換線とGクロスしてきており好転しているものの、厚い雲に上値は抑えられ、更なる上昇には日柄がかかりやすいチャートとなっている。また、現在の原油上昇はNYダウが堅調な米雇用統計、米中貿易交渉の進展期待から年末の安値から2000ドル以上急反発したことに連れ高の側面もあり過信は禁物だ。
 

 

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事