週刊石油展望

 今週の原油相場は、下値探りの展開が継続すると見る。チャートでみるとWTIがダブルトップをつけネックラインを大きく割り込んだのに対し、BRENTはネックライン付近で留まっている。BRENTが70ドル前後で支えられると修正高も想定される。ただし、下落初期は金融市場に連れ安の印象が強かったが、最近の動きは原油市場独自の動きとなっており安易な買いには注意が必要だ。目先は11日に開催される産油国減産監視閣僚委員会(JMMC)に注目したい。産油国側から価格維持のための対応があるようだと流れが変わる可能性もでてくる。
 

 

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事