ゴム週刊情報

◆ファンダメンタルズ

【産地】タイ原料シートゴム現物の主要市場の取引量は、一日当たり約6トン~約33トン。7月26日の価格はキロあたり43.30~43.89バーツ、RSS3号タイ主要港8月積価格は148.0~149.0セント。
【在庫】全国生ゴム営業倉庫在庫(6月30日現在)は16,067トン(前旬比108トン減)。6月下旬の入庫692トン、出庫426トン。
【前検】8月前期のゴム品質検査請求締切は6日、検査日は10日。

◆展開予想

 米大統領が利上に反対する立場をとったことで、ドルは対円で弱含み、週明けの東京ゴム市場は軟調に始まった。週央の当限7月限納会は、モンスーンの影響によりタイ北・東北部が豪雨に見舞われたことや、ベトナム北部から中国海南省にかけて、熱帯低気圧となった台風9号が滞留し流通に影響与えていることで、の為下げ渋ったことから受腰は強く、162.5円で取引を終え、受渡枚数は319枚(1,595トン)となった。翌日、発会した新圃2019年1月限は168.8円で発会、12月限と、ほぼ同鞘で寄り付いた。週末を控えて上海ゴム市場が、在庫増を懸念して軟化したことを受け、東京ゴム先限は167円を挟んだ狭いレンジで取引されている。(27日午前現在)週の高値は169.4円、安値は165.1円。

 RSIは長短共に40を下回り、一目均衡表においても、基準線の171.5円、転換線の170.4円を下回り自律反発に失敗したものの、「売られ過ぎ」であることは変わらず、目先、175円台への反発が予想される。

 当限8月限も産地の状況を考慮すると7月限同様の底堅い納会が予想され、「大量期限切懸念」の懸念が薄れていく新圃1月限が発会から売り込まれていることは、現在の当先が順鞘5円まで縮小していることは「行き過ぎ」であり、再び15円前後に拡大すると考える。
 

 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事