WTIは、70ドル超えで騰勢が続く

 直近60ドル台後半で堅調に推移しているWTI原油価格がいよいよ75ドルを目指す月となりそうだ。強気の背景としては、2017年からのOPEC+ロシアの減産が継続され、直近OPEC3月の生産量は3195.8万/dayと3ヶ月連続の減少。中でも財政破綻間近のベネズエラの産油量が、ガタ落ちだ。2016年産油量は215.4万バレル/dayだったのが、直近では148.8万バレル/dayまで減少。国営石油会社PDVSAは、年明けから給与不払いから、離職が相次いでいる。

 また今週は、米国もイランとの核合意破棄が迫っている。5/1にはイスラエルのネタニャフ首相が、証拠を示しつつイランには極秘の核兵器開発計画があるとした。再び経済制裁となるとOPEC生産高第3位のイランの原油供給が大幅に減少する。5/12までにトランプ大統領が結論を出す予定だ。

 さらにOPEC加盟国のOPEC盟主サウジアラビアの考えは、国営石油会社サウジ・アラムコの来年の上場に向けて1バレル=80~100ドルを目指しているとの観測。よって70ドルは通過点。WTIは1/25高値66.66ドルから2/9安値58.07ドルの倍返し75.25ドルが目標となる。よって原油関係は押目買い。
 

 

 

 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事