金価格とプラチナ価格

 以前はプラチナ価格の方が金価格よりずっと高かった。しかし、2002年以降プラチナ価格が金価格を下回ったことは4回あり、2015年以降はずっと金価格の方がプラチナ価格を上回っている。2018年4月13日の値差は415ドルに拡大している。
 

 
 2014年、世界のプラチナ生産の75%を占める南アですべてのプラチナ鉱山会社が約半年間に及ぶストライキが起きた。

 当時のプラチナの生産量は2013年の243トンから2014年に221トンに▲22トン減少した。

 通常世界の生産量が半年で約 ▲1割減少すれば、価格は急騰するところだが、プラチナ価格は予想に反して下落した。

 当時プラチナのディーラー間では、プラチナの「地上在庫」が多いので、生産減は十分賄われるという「まことしやかな情報」が流れていた。そのため、投機家やディーラーがプラチナを買い続けても価格は下がる一方で、大きな損失を被った多くの市場参加者は、プラチナ市場から撤退した。
 

 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事