貿易戦争

 先週は米国発の二つの事変があった。一つは利上げであり、これは予定されたことで、ハプニングではない。FRBは今年の米国の経済成長を前回より高く見込み、物価上昇は2%以上になるとし、年3回から4回の利上げにより現在の1.5%~1.75%の政策金利を将来3%にすると言う。少しタカ派的であるが、ほぼ予定通りである。しかし、パウェル新議長はこの見通しにはトランプ大統領の新たな政策は織り込まれていないと釘を刺した。そのトランプ大統領は鉄鋼とアルミに25%の関税を掛け、中国製品1300品目、600億ドル相当分に25%の関税を掛ける措置を決めた。これに対し中国政府は豚肉やワインなど128品目に最大25%の関税を上乗せする報復案を公表した。大豆の輸入についても言及され、場合によっては米国産穀物輸出に影響がある可能性がある。また、中国が1兆1700億ドル保有する米国債の売却も検討していると述べ貿易戦争の様相を呈している。

 鉄鋼とアルミの関税措置に対しては、アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、カナダ、欧州連合(EU)、メキシコ、韓国が関税の適用を免れた。日本の名前は入っていない。ブラジルとオーストラリアは、両国の鉄鋼半製品は米産業に打撃を与えるのではなく、むしろプラスになるとの主張を展開した。ブラジルは鉄鋼を輸出した船は帰りにアラバマ産石炭を積んで帰っていると主張。豪州産鉄鋼は主に米西海岸の施設に輸出されるため、オハイオやペンシルベニア州の鉄鋼労働者に打撃を与えることはないと主張。これが無くなれば、カリフォルニア州は、約3倍のコストをかけてオハイオ州の製鋼所から山岳地帯を経由して輸送しなければならなくなると主張。豪州もブラジルも米国にとっては貿易黒字であることも寄与したようだ。豪州はトランプ大統領の友人で、同国出身のゴルファーグレッグ・ノーマン氏が一役買ったようだ。カナダの鉄鋼業界は米国との結びつきが強く、米国の企業や労働者からカナダを除外するよう求める声が上がっていた。メキシコとカナダ及び韓国は通商協定を米国と協議している最中である。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事