金と原油と穀物

『最近の商品価格について』

① 金価格

 NY金価格は昨年12月米国で利上げがある前は1,238ドルまで下がっていたが、利上げ後は上昇し始め、今年の1月25日1,365ドルまで約10.3%上昇した。過去5回の利上げに対して金価格は全く同じ動きをしている。つまり、利上げがありそうだとドル高・金安となり、利上げが行われた直後からドル安・金高に反転する。3月21日の米連邦準備制度理事会の公開市場委員会(FOMC)で利上げされるCMEのフェドウォッチによる利上げの確率は94.4%となっている。従って利上げまでの金価格は弱く、その後は次の6月の利上げまでの間は少し反発することが考えられる。しかし、パウエル新議長の発言からは市場は今年4回の利上げもあり得ると観測している。インドや中国の金の輸入状況も今一つであり、今後予期せぬ地政学的リスクなどの出来事がない限り、金価格が今後大きく上昇することはあまりないと思う。NY金に対するファンドの建玉は、ネット買い残が減少傾向にあることも、この予想を裏付けている。
 

 

 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事