米国からの原油輸出急拡大

 ずっと前に述べたことであるが、シェール革命は米国を強大国にする。その兆候のひとつが米国が急速に原油輸出国に成り代わっていることだ。2016年半ばまでは米国は世界最大の原油輸入国であったが、その地位は中国が奪った。中国の原油輸入が増加したこともあるが、米国の原油輸入が減少したためだ。

 一方米国は2017年急激に原油輸出量を増やし、平均日量110万バレルと、前年比+89%増、+52万7千バレル増となった。下のグラフ2で見ると、1980年にも米国の原油輸出は急増しているが、2017年は1980年の増加の4倍の多さでグラフが立ち上がっていることが見られる。
 

 

 

 
U.S. Energy Information Administration (EIA)

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事