日米の自動車販売状況

 オートデータが1日に発表した2月の米国新車販売台数(速報値)は、前年同月比▲2.4%減の130万2,128台となった。

★ 2月の季節調整済み年率換算は1,708万台/年であった。1~2月の米国市場の累計販売は245万7,013台で前年同期比▲0.8%減となった。

★ 車型別の販売は、ライトトラック販売が前年同月比+3.8%増となったが乗用車販売は▲12.6%減となった。

★ 安定した労働市場、低いガソリン価格、高い消費者心理、2018年の税制改正など販売を後押しする環境は続いているが、自動車ローン金利の上昇、中古車価格の下落など販売にマイナスとなる要因もでてきている。

★ 2018年の販売台数については、自動車アナリストは2017年販売(1,723万台)よりも減少して、1,670~1,690万台を予測している。

★ 米国メーカーの2月販売は、GMが前年同月比▲7.0%減、フォードは▲6.8%減、FCA US(クライスラー)は▲1.4%減となった。

★ 日本車は、トヨタが前年同月比4.5%増、日産は4.3%減、ホンダは5.0%減、スバルは3.8%増、マツダは12.7%増、三菱は18.8%増だった。

★ 韓国車は、現代自動車が13.1%減、起亜も4.7%減であった。

★ 米国VWグループは8.4%増、VWが6.0%増、アウディが12.4%増だった。

★ 日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が発表した2018年2月の新車販売台数は、前年同月比▲2.2%減の47万3,878台となった。内訳は登録車が▲4.9%減の29万6,665台、軽自動車が+2.6%増の17万7,213台。

★ 1-2月累計販売は▲1.5%減の87万3,418台だった。
 

 

 

 

 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事