金の歴史的役割

 ダウ平均株価等世界の株価の急落に直面して、2017年初めからこの2月13日までを検証すると、金価格とダウ平均株価は0.71という正の相関関係を持っていいた。つまり、金はダウ平均が上昇した時は上昇し、今回下落した時も同じように下落している。一方同時期の金とドルインデックスとは逆相関しており、▲0.81という高い逆相関係数でドル安=金高、ドル高=金安となっている。そして、今回ダウ平均株価が下落したとき、ドルインデックスはドル高になっていた。そのために金は下落したとも言える。一体セーフヘブンとしての金の役割はどこに行ったのだろうか。

 そんな中でWorld Gold Councilから「金の戦略的資産としての関連性(The relevance of gold as a strategic asset)」というレポートが出た。これによると、金は希少金属であるのに、流動性が高い。贅沢品であると同時に投資商品でもある。そして金は投資ポートフォリオの中で次の四つの役割を持つという。

① 長期投資のリターンの源泉
② 市場にストレスがある場合損失を最小限にするための分散先
③ 通貨をしのぐ収益を生む、信用リスクの心配がない流動性のある資産
④ ポートフォリオ全体の収益を拡大させる方法

 WGCは年金ファンドのポートフォリオに資産の2%、5%、10%を金に分散投資した場合の過去10年間のパフォーマンスを分析した。その結果、どの場合においてもリターンを上げ、ボラティリティを引き下げ、高いリスクを中和する結果を上げていることを証明した。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事