輸出削減着手・中国のタイ天然ゴム投資を警告

★ タイ、インドネシア、マレーシアの国際3大天然ゴム生産国会議の各国政府は、天然ゴム輸出量の削減措置を開始した。昨年同会議は12月22日から3月31日にかけての3カ国の天然ゴム輸出量を35万トンに抑える協定を締結した。この「輸出数量計画協定」に基づき3カ国は国内で規準をそれぞれ作成し輸送用・消費商品・天然ゴム道路等の分野の天然ゴムの応用開発にも言及している。昨年11月29日の会議で各国は国内の天然ゴム需要を拡大するとともに、輸出量の削減を決定している。輸出の監視は、ITRC Monitoring and Surveillance Committeeが行う。
 

 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事