金価格の行方

 NY金価格は13日の米公開市場委員会(FOMC)による利上げを前に、ロングポジションの手仕舞売りが続き1241ドルまで下落している。これは利上げ=ドル高=金安という図式であろう。問題はその後の金価格である。当面3月まで利上げは無さそうなので金価格は反発すると思われる。

 来年の利上げについては2回~4回という様々な意見があるが、パウエル新議長の方針が不透明なため、また米国の株価を始めとする今後の動き次第であるため、正確な予測はできない。

 ドルについてはどうであろうか。為替レートの変動要因の一つに、二国間の金利差がある。金利差の高い通貨は高くなる。欧州では金融緩和の縮小(Tapering)はあり得るが、利上げに至るまでにはまだ時間がかかるだろう。一方、英国は11月のイングランド銀行金融政策委員会で+0.5%の利上げを決め+0.75%と過去最低金利からすでに離脱している。またカナダ中央銀行は7月に続き9月にも利上げして1%の金利となっている。今回米国FOMCが+0.25%利上げすると、政策目標金利は1.25~1.50%となる。金利差は拡大するが、英国やカナダとの差は以前ほどではない。

 ドル高の一つの要素として米国経常収支の動向がある。中長期的には原油輸入が原油輸出に変わるという貿易赤字の是正が大きくドル高要因となる。しかし、法人減税による税収減の財源措置は取られておらず、米国債発行により財政赤字の拡大が考えられる。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事