第17回、MACDその6、『MACDの売りサイン買いサイン』 =中編=  そしてMACD活用の最大の極意!

3.移動平均線のゴールデンクロス・デッドクロス

□続いて通常のゴールデンクロス・デッドクロス

長所:1点でこことわかるので、売買がしやすい
短所:サインが出るのがやや遅い。底を打ってある程度経過してから買いサインが出る。天井を打って相当経過してから売りサインが出る。

□この話は、移動平均線のところで徹底的にやったからここまでとする。通常の移動平均線のゴールデンクロス・デッドクロスより、MACDとシグナルのゴールデンクロス・デッドクロスの方がサインの出が早いということだけ理解すればいい。

■「了解です。」

4.MACDとシグナルのゼロラインクロス

□さて、問題のMACDとシグナルのゼロラインクロス

■「問題なんですね。」

□そうとも。だってこんな遅いサインをどう利用しろと言うんだ。

長所
・一番遅く出て来るサインなので、騙しは一番少ない。
短所
・サインの出が、移動平均のゴールデンクロス・デッドクロスよりさらに遅い。
・サインの出が遅いということはトレンドにおいてとれる幅が少ないということであり、場合によっては取る暇もないうちにトレンドが逆転することもある。

□ 騙しが少ないと言っても、仕掛けたら即トレンドが終了しましたということであれば騙し同然だ。よって使いものにならない。

■「ありゃりゃ。使えないなんて結論になってしまいましたよ。

□誤解しないように、買いサイン・売りサインとしては使えないということだ。

■「では、何に使うんですか?」

□前回、予告しただろ、これらのサインは『MACDとシグナルのクロス』というテクニカル指標MACDを代表するサインを補完するためにあるのだよ。

■「なるほど、『補完』・・・いよいよその話になるわけですね。」

□うむ。

■「読者の皆さん、お待たせしました。いよいよMACD解説のクライマックスです。これからMACDを使ってトレードするときの奥義を小次郎講師が解説します!」

□大げさな。しかし、MACD連載6回目にして一番重要なポイントにさしかかったのは事実。MACDの総合分析法を伝授しよう。

■「ははっ。」

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事