第17回、MACDその6、『MACDの売りサイン買いサイン』 =中編=  そしてMACD活用の最大の極意!

■「リスクラインはどこに設定すればいいですか?」

□これも各自の投資法によって変わってくるが基本を話しておこう。リスク幅をあらかじめ投資金の何%として決めておくことが大切だが、このMACDの話で言えば、リスク(損切り)ラインを直近の安値(高値)に設定するというのが基本。MACDとシグナルのゴールデンクロスなら、直近の最安値をリスクラインとし、デッドクロスなら直近の最高値をリスクラインとする。

■「なるほど、リスクラインのことまで教えてもらえると助かります。僕はリスクの方が知りたいくらいなんで。」

□私の作った相場格言、それは「リスクはクスリ!」だ。リスクを避けるのではなくて、ちょっと苦いがあらかじめ準備しておけば、安心して投資が出来る。

■「リスクは薬ですか、面白い。思わず笑っちゃいました。くすり(笑)。」

□ゴホン。
さて、騙しの話したらこの話もしなければならない。騙しの後の再エントリーだ。たとえばデッドクロスしたと思ったらまたクロスして元に戻るということがよくある。

■「まさに騙しですね。」

□そゆこと。しかし、その後で再度デッドクロスするということがある。

■「あります。あります。」

これをトリプルクロスと私は呼んでいるが、一回目のデッドクロスよりさらに精度の高いサインとなる。但し、もみ合い相場ではそもそも騙しだらけになるから、まず、ヒストグラムの動きでもみ合いかどうかを見極めてから仕掛けてほしい。

□さて、MACDとシグナルのクロスというサインの長所・短所をまとめてみたい。

長所
・移動平均線のゴールデンクロス・デッドクロスよりサインの出が早い。
・ヒストグラムに比べて騙しが少ない。
短所
・もみ合い期には騙しが多い。
・ゼロライン以下のデッドクロス、ゼロライン以上のゴールデンクロスも騙しが多い。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事