第11回、移動平均線 その7、『 指数平滑移動平均線の重要性 』

今日のまとめ

・200日移動平均線も海外では200日EMAを使うケース多し。
・単純移動平均線の問題点
 ①過去n日間の価格を同じ比重で扱っている。
 ②過去n日より前の価格を切り捨ててしまっている。
 
・移動平均線の上昇・下降は、今日の価格が消えていったn日前の価格より大きいかどうかで決まる。
・小次郎講師流EMAの計算式
①過去のそれぞれの価格(1日前からn-1日前まで)は昨日のEMAで代用
②本日の価格は2倍
③n+1で割る
・EMAは過去のデータを切り捨てるということがない。現在の平均値には全てのデータが反映されている。
・昨日のEMAより本日の価格が上であれば、EMAは必ず上昇する。昨日のEMAより本日の価格が下であれば、EMAは必ず下降する。SMAはこうはいかない。
・EMAのチャートはSMAより変化に早く反応する。それでいてなめらかな動きをする。

□第11回講義終了。次回からはいよいよMACD、お楽しみに!

■「起立、礼!」

□本日の講義をマスターしたなら、今回も特別に単位を4単位差し上げよう。
本日の単位数4  累計単位数26
テクニシャンまであと  74単位!

「小次郎講師の先物流儀」 http://f-blog.jp/kojiro/
「小次郎講師流タートルズ投資塾」 http://www.masters-tv.net/
【DVD】 http://money01.h8w.co.jp/lp/06/
【動画】小次郎講師のテクニカル分析講座
 http://commodityonlinetv.com/basic-the-commodity/
【チャート】公式一目均衡表チャート http://ichimoku-chart.com/

1 2 3 4 5 6 7 8 9

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事