第11回、移動平均線 その7、『 指数平滑移動平均線の重要性 』

5.EMAの特徴をチャートで探れ!

東京金チャート
東京金チャート

□じっくりと3つの線を見比べてご覧。特にチャートが上昇から下降、下降から上昇に転じたときに、3つの線がどう動くかをよく比較してご覧。

■「移動平均線ですから、いずれも遅行性があるわけですが、単純移動平均線に比べるとEMAやWMAは動きが速いですね。」

□だね。EMA、WMAが上昇に転じて、しばらくしてからSMAが上昇する。EMA、WMAが下降に転じて、しばらくしたからSMAが下降に転じるというのがよくわかるね。

そして先ほど話した『昨日のEMAより今日の価格が上であれば、今日のEMAは必ず上昇する。昨日のEMAより今日の価格が下であれば今日のEMAは必ず下落する。』というのも確認してくれ。そうなってるだろ?

■「確かに。」

□そして、じっくり見ると、EMAはWMAに比べて動きがなだらかだということもわかる。『EMAは動きがなめらか』、これもキーワードとして覚えておくといい。

■「指数『平滑』ですからね。なめらかでしょうね。」

【EMAチャートの特徴】
・EMA・WMAはSMAよりも早く変化する。
・EMAは動きがなめらか。
・昨日のEMAより今日の価格が上であれば今日のEMAは上昇する。
・昨日のEMAより今日の価格が下であれば今日のEMAは下落する。

□変化に対して動きが遅ければ仕掛けが遅れる。線がでこぼこしていれば騙しが多くなる。そういった意味でもEMA、なかなか使いやすいのだ。

■「なるほど、テクニカル分析の研究家の夢『過去の未決済のもの全ての平均値』へ向けた一里塚がこのEMAなのですね。」

□そゆこと。

■「まるで邪馬台国を追い求める考古学者のようだ。ロマンを感じますね。」

□そのとおり。テクニカル分析もある意味ロマンの追求だ。見果てぬ夢に向けて一歩一歩近付いていく作業だ。これで長らく続いた移動平均線の解説もひとまず終了。ムサシ君、お疲れさま。

■「お疲れさまでした。お腹がすきました。」

□きみはそればっかりだ。この間マックでご馳走したばかりだぞ。

■「集中すれば減るもんです。実は近くに有名なおいしい店があるんですよ。すしとヒレカツとうどんが人気だそうです。いかがです?」

□変な店だな。何が食べたいんだ?

■「もちろん、全部です。」

□そんなに食べたら死ぬぞ。

■「心配いりませんよ。『しすう、へいかつ、いどう、へいきん』だけに、『すしー、ひれかつ、うどん、平気』」


□く、苦しい。た、助けてくれー。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事