第7回、移動平均線 その3、『 グランビルの法則 』後編&『 移動平均乖離率 』

【売りシグナルの4パターン】
その2、移動平均線が引き続き下降している時期に、価格が移動平均線を左から右にクロスしたとき。つまり価格が一時的に移動平均線を上回ったとき。
(騙しのゴールデンクロス)弱い売りサイン

□一見、ゴールデンクロスに見えるがゴールデンクロスではない。今回の騙しのケースでは移動平均線がまだ下降しているし、価格が移動平均線とクロスすると言ってもどちらかと言うと左から右へクロスと言うケースが多い。これはゴールデンクロスの騙し。ということはまだまだ下降トレンドが継続するということだから、買い場ではなくむしろ売り場となる。

□但し、このようなとき、その後、移動平均線と価格は絡みあって何度も交差を繰り返すということがよくある。すると、やがて勢いを無くして下降トレンドが終了する。つまり、大きく取れる売り場ではないということも理解しておく必要がある。

■「なるほどなるほど。大きく取れんドラインですね。」

□そんなくだらない駄じゃれを言う元気があれば心配ないな!それでは次のケース。

【売りシグナルの4パターン】
その3、価格が下降基調の移動平均線の下にあり、その後一時的に移動平均線に向かって上昇していくが、移動平均線とクロスせずに再度下降を始めたとき。
(近接の終了)普通の売りサイン

□これも前回説明したとおり。つまりこの3のケースは、戻し等で、一度下降力を弱めた相場が再度下降を開始したことを意味する。だから売りサインだ

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事