週刊石油展望

《展望》
 引き続き、欧州債務問題に絡むリスクオフ姿勢が上値を抑え、イラン情勢緊迫化が下値を支える構図となるであろう。FOMC声明での超低金利政策の長期継続表明による、ユーロ高/ドル安は、商品全般に強材料ではあるが、一服感も出てきており、今後の動きに注目したい。強弱材料がもみ合う中で、原油は現状レンジでの推移ながらも、底固い動きになると思われる。

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事