^
ページTOPへ

マレーシアの1月の生産量とインド政府の輸入関税引き上げの動き

インド政府は、天然ゴムの輸入税を国内生産者の要望に応えて現状の20%から25%に引き上げる可能性があるとNirmala Sitharaman商工業大臣は3月12日述べている。また、輸入された天然ゴムの用途を調査することも検討されている。現在インドでは757,000ヘクタールで天然ゴムが栽培されているが、計画では更にインド北東部を中心に36,300ヘクタール拡大サする予定で72億6,990万ルピーが投資されるという。インドゴム協会によれば、2月のインドの天然ゴム生産量は輸入が増加したため1月の5万7,800トンから▲13.5%減少し5万トンになっている。一方2月の国内天然ゴム消費量は、一年前の7万9,375トンから8万2,500トンに増加。輸入は一年前の2万300トンから2万8,806トンと+42%増になっている。主な輸入先はインドネシア、タイ、ベトナム、マレーシア。.輸出は8トンから273トンになっている。4月~2月の累計では、インドの国内生産量は▲14.6%減少し、62万トンと前年同時期の72万6千トンから減少している。一方需要は92万8千トンと前年の89万4千トンから+3.9%増えている。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

最新記事

 
 
 

関連記事