インドネシアとマレイシア、タイの2015年の予想

2014年11月のタイの天然ゴム輸出量は、中国向けが減少したため、前年比▲43%減となったと国際貿易振興省のNuntawan Sakuntanaga局長は語った。タイの貿易収支は、10月の+3150万ドルの黒字から11月は▲7800万ドルの赤字となったという。主要輸出国の日本向けと欧州向けがそれぞれ▲10.7% 減、▲5.2%減になったという。急激な円安により日本の輸入が抑えられていると述べた。12月の輸出額が1930万ドルを超えれば、2014年年間ではタイの貿易は横ばいとなる見込み。米国向けはコンピューターや、機械、自動車部品等が好調だという。2015年は原油価格値下がりや日本経済や農産物出荷の伸び悩みの影響を受けてそれほど伸びないと予想している。またタイ銀行は2015年の輸出の伸びを4%から1%に下方修正した。

1 2 3

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事