小次郎講師のボリンジャーバンド解説その3、「標準偏差を制するものがボリバンを制する!」

3、標準偏差とは?

□ということで・・・「標準偏差」
標準偏差とは、データのばらつき度合いを表す数値。シグマと呼びσとかΣで表わされる。偏差値計算の元になる数値だ。

【標準偏差】
標準偏差とは、データのばらつき度合いを表す数値。シグマと呼びσとかΣで表わされる。偏差値計算の元になる数値。

■もう難しい。

□たとえばテストの平均点が50点で、ムサシ君の点数が30点だったとする。

■ひどい。もっといいたとえを。

□まあ、たとえだから。
同じ平均点が50点でも0点から100点までいろいろな点数の人がいて平均50点というのと、ほとんどの人が40点から60点の範囲で平均点が50点ということがある。

■ありますね。

□前者の場合、つまり0点から100点まで点がばらけているなら、ムサシ君の30点は「ちょっと悪い成績」というくらい。

■どうしてもそのたとえで進めるんですね。

□後者の場合、つまりほとんどの人が40点から60点の間にいるなら、ムサシ君の30点は「極めてひどい成績」ということになる。

■たとえは悪いですが、意味はわかります。

□ということで、ばらつきというのを計測するのはとても大事。それを示すのが標準偏差。その計算の仕方を知っているかという話。

■知らないです。そんなのほとんどの人が知らないですよ。

□中学か高校で習っているはずだが、覚えてないか?

■覚えてないです。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事