スコットランド投票を経てドル高へ回帰、円は全面安のまま

FOMC政策アナウンスを前にポンド、オージーから反発してドル安へ傾斜。円は全面安のままでのNY引け。スコットランド投票を経て再度ドル高回帰もありうる。ロンドンの世界最大のオンラインネットでの金購入サービスでは先週からスコットランドからの金買いが活発化しつつ金の方向感はドル建てでは下向きのままです。SP500の大反転で株価下落警戒が薄れつつ、パラジウム、ロジウムが反発開始。プラチナはいまだ下向き。原油はブレントが保合回帰にて、円安を背景に東京も膠着化し売りは控え目に。ゴムも膠着帰りにて、目先は戻りを試す動きで193~194円テスト。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事