SP500の下落再開待ち。ユーロ1.25ドル、131円方向

ドル高にて失速の貴金属。今週初めから市場で先行していた緩和見通しどおりとなる。ユーロで1.25、ユーロ円で131円方向でのユーロ全面安ドル全面高へ。ドル円はユーロ円が重く上がれずながら、NY引けでは全通貨ドル高で上昇。SP500は1998節目割れで下落開始前。今晩雇用統計経て週明けは短期調整入りの、NY目線でのドル高株安あり。貴金属はパラジウムが買い再開で、その他は売り、上がらず。原油は英国原油のアジア向けの裁定買いでブレントに確り感が戻りつつも上がらず、軟調持続に、東京は円安バランスで売り買い強弱拮抗。シカゴ穀物は確実に収穫され確実に出回る大豆、コーン、余りものに値無しで下落へ、東京もコーンの売り持続。ゴムも上がらず、同様に余りものに値無し。※ユーロのフリーフォールは破壊的な動きとなり、当面は1.25ドル。1.25まで落ちたら1.20。1.20まで落ちたら1.00ドルという流れが2015年まで。実体の無い通貨ゆえ、ドイツではいずれ金コインブームとなるかも。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事