国債ミニバブル崩壊で金相場急落

レイバー・デー(Labor Day、勤労感謝の日)の3連休明けとなった9月2日のCOMEX金先物相場は、前日比-22.40ドル(-1.7%)の1,265.00ドルと急落した。7月14日以来となる大きな下げ幅であり、6月17日以来となる約2ヶ月半ぶりの安値を更新している。

もっとも、本日は対ユーロでのドル相場には目立った動きはみられず、特にドル建て金相場が大きく売り込まれる理由は乏しかった。

一応は、「8月の米製造業総合景気指数が3年ぶりの水準に上昇したことを受け、景気への明るい見方が広がり、逃避需要が後退した」(Bloomberg)といった解説もある。確かに、本日発表された8月の米ISM製造業指数は前月の57.1から59.0まで上昇しており、57.0までの小幅低下を想定していた市場コンセンサスとは大きく異なる結果になっている。これを受けて、「米経済への信認強化→利上げ前倒し警戒→金相場急落」のロジックも確かに成立し得る。

ただ、主に金相場が急落したのはアジア・欧州タイム中であり、実はISM製造業指数発表後の金相場は1,260ドル台中盤を中心に揉み合っていたに過ぎない(下図参照)。

20140903(kosuge)

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事