ゴム週刊情報

◆ファンダメンタルズ
【産地】主要セントラルマーケットにおける集荷量は一日当たり190~330トン台。週末現在、原料は52.48バーツ、オファーは8月積189.00セント(円換算約206.80円)で取引されている。
【在庫】全国生ゴム営業倉庫在庫は8月10日現在、前旬比860トン減の17,505トン。入庫量843トンに対し出庫量は1,703トン。
【前検】8月度のゴム品質検査請求(後期)は、再検644枚(3,220トン)となり、新規の100枚(500トン)と合わせ、744枚(3,720トン)。

◆展開予想
 東京ゴムは反発。週初は先週末の弱地合を引き継ぎ、一旦195.0円まで下落したものの、上海ゴムが青島保税区在庫減少を手掛かりに15000元を回復したことから東京ゴムも199円台へ反発した。週中にはウクライナ情勢の緊張緩和によって円安が進行したことにより東京ゴムは200円を上抜け、さらに売り方の建玉整理が先行し一時203.7円まで続伸した。週末現在は202円台で比較的底堅い展開を続けている。
 罫線は週初に195.0円で底打ちしたことによりダブルボトム形成の可能性が出てきている。直近の高値である213.9円を上抜ければ、230円台を目標にさらに上昇する可能性もあるが、タイ産地の値段が増産期により上値重く推移する状況の中、213.9円への上昇は難しい。上海ゴムは直近の安値である14650元への下抜けを失敗したことにより15000元を回復したが15200元付近では上値重く、引き続き戻りは売られる可能性が高い。
 当先の鞘は依然拡大傾向であり、現在は順ザヤ15.0~16.0円での推移となっている。国内の在庫事情を考えると順ザヤが更に拡大する可能性もある。

ゴムチャート

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事